サルでも分かる!無理なローンの果てに家を売らずに済む方法

30代後半で家を購入する人が多いワケ

夢の一戸建て、もしくはマンション購入。30代後半で家を購入する人が多いようです。
それは、銀行がお金をどのくらい貸してくれるかどうかが関係しているらしく、あまりに若いと年収も少なく、まだ信用もないということで借入も思ったよりできなかったりもしますが、
30代後半になると、仕事も責任のある立場になっていることが多く、若い頃と比べて年収も高いでしょうから、銀行の信用もあるというわけなのです。
しかし、40代になると定年までの年数を考えると、思ったよりローンが組めないという話も聞きます。
ということもあり、夢のマイホームは30代後半に購入する人が多いようです。
このくらいの年代ですと、子供が小学校に入る前ということもあり、子供の学区も考えて購入するとか。
持ち家ということで、子供の教育環境を気にしながらということが多いようです。

 

さらに、男性ですと同期が家を購入したりすると、気になるという人多いようですね。
また、女性はママ友達が家を購入しているのを見て、そろそろ我が家も・・・という心理になりやすいとか。
女性らしい気もします。

 

ここまでは家を購入する際のローンの組み方で考えることであって、家の購入にはその他にも考えなければならないことがたくさんあります。
はっきり言えば、購入した後に分かることもたくさんあるということ。
もしかすると、後悔するということもあるでしょう。
大人になると、後悔していることをなかなか周りには愚痴ることができないことも多いようです。

関連サイト